Home » ミニブログ ‐師走を乗り越えて‐ » 大晦日が1番慌しいと

大晦日が1番慌しいと

年末には行事が目白押しですが、そんな中でも、1年を締めくくる日である大晦日は、1番慌しいのではないでしょうか。
新年をすっきりと迎えるためにも、しなくては行けない準備がたくさんありますよね。
商店街や百貨店、デパートなどを含め、街中が慌しい雰囲気に包まれてくると、いよいよ年末が近づいてきたことを実感させられます。

店先にはお正月ならではの食材が並び、これも季節を感じる要素の1つといえますね。
カニや数の子、おもちや黒豆など、お正月の食卓に欠かせない食材は、大晦日までに買いそろえておかなくてはなりません。
この頃はどこの商店街もスーパーも大いに賑わい、1年でも集客率の高い日となります。
大晦日を準備に奔走したからこそ、元旦をのんびりと穏やかな気持ちで過ごせるのかもしれません。
1番慌しい大みそかを、1年を振り返りながら過ごし、やるべき準備をしっかりと行って、清々しい気持ちで新年を迎えられるようにしましょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>